刊行案内

  

  新井 明 選集 
  経堂聖書会「七人会」
 

  新井明先生は、日本を代表するミルトン研究者であるだけでなく、文学者また教育者として、日本の
 若人の心の琴線にふれる講話を数多く残されました。また、長い年月にわたって、「平信徒」として、
 聖書を講じてこられました。

  この度、先生のご指導にあずかり、先生から多くを学ばせていただいた私たちは、先生の残された文
 章に、より多くの方々が接していただけることを願って、『新井明選集』全三巻を刊行するにいたりま
 した。                                       2018年9月

   

著者 新井 明(あらい あきら)

1932年生まれ。
東京教育大学、アマースト大学、ミシガン大学で学ぶ。名古屋大学、
東京教育大学、大妻女子大学、日本女子大学で教鞭をとり、敬和学園
大学学長、聖学院大学院特任教授などをつとめる。
1980年の経堂聖書会発足から2000年まで会を指導。著書に『英詩鑑
賞入門』(研究社)、『ミルトン論考』(中教出版)ほか多数。訳書
にミルトン『楽園の喪失』、『楽園の回復・闘技士サムソン』(いず
れも大修館)ほか。

第1巻 ミルトン研究
     ミルトン ― 人と思想 ―
     ミルトンの世界
     詩に生きる
第2巻 内村鑑三とその周辺(仮題)
     内村鑑三とその周辺
     無教会と平信徒
     辺境のめぐみ ほか
第3巻 聖書の学び(仮題)
     各地での学び
     目白台にて
     北越の敬和学園 ほか

各巻5,000円

ご注文は経堂聖書会のホームページからお申込み願います。