『無教会研究』 最新号


  『無教会研究』誌最新号 第24号をご紹介します。


 



  無教会研究 聖書と現代 第24号

   〔論考〕

        「武士道に接木されたキリスト教」について        大友 浩   

   大濱徹也の「無教会」論               村松 晋                   

   ウルリヒ・ツヴィングリの『ペストの歌』について 
                              野々瀬 浩司 

    気候変動とキリスト教の罪責―宗教批判的な考察
                                                          福嶋 揚

    [書評]

   小林幸吉著 『内村鑑三の聖書講解—神の言のコスモスと再臨信仰』
                                                                                     小舘 美彦

   村松晋著 『近代日本のキリスト者—その歴史的位相』 柳父 圀近       
 
                          2021年12月20日発売
                          価格 1,000円(本体909+税)